ご予約・お問い合わせは03-3760-0810

〒152-0001 東京都目黒区中央町1-8-15-1F

中絶のご相談はイノウユキコ婦人クリニック(東京都目黒区)

子宮がんについて

  • よくある質問
  • 予約システム
お問い合わせはこちらから、03-3760-0810

イノウユキコ婦人クリニック

〒152-0001
東京都目黒区中央町1-8-15-1F

○ 土曜診療あり
○ スタッフは全員女性
○ 駐車場完備

Mobile Site

右のQRコードより、携帯サイトに直接アクセス。当院の情報をご覧いただけます。

子宮がんとは?

子宮には入り口に近い子宮頚部と奥のほうの子宮体部があります。頚部にできるのが子宮頸がん、体部にできるのが子宮体がんです。この2つをあわせて子宮がんと言っていますが、日本人の場合、頚がん70%体がん30%と頚がんが圧倒的に多いので、子宮がん検診と言うのは頚がんを調べるものです。

子宮頚がん
パピローマウイルスがその発生に関係があるといわれ、セックスの経験のある方はどなたでもかかる可能性はあります。40~50歳に発生のピークがありますが、最近は30代でも多く見られます。頚がんは日本人女性では胃がんについで多いがんですが、死亡率は減少しています。これは子宮がん検診が普及し早期発見が可能になった為です。頚がんの症状は、性交時の出血や不正性器出血ですが、初期にはほとんど無症状です。月経不順や過多月経と思われている方もおられます。
頚がん検査は外来で簡単にでき、子宮頚がんの初期やそれ以前の異型成上皮(良性の変化)も発見する事ができます。無症状の時に検診を受けられる事で子宮頚がんは防げるのです。
子宮体がん(子宮内膜がん)
子宮内膜(月経時剥がれ落ちるところ)にできるがんで、女性ホルモンが発生に関係があります。以前は日本では少なかったのですが、食生活の欧米化などにより最近は増加しています。50歳以上の閉経後の発生が多いのですが、20~30代でも発生します。
体がんの症状は、不正性器出血です。特に閉経後の出血は要注意です。閉経期周辺で不正出血が続く事がよくありますが、ホルモン異常と思っていると体がんと言う事もありますので自己判断は危険です。
体がん検査は検診で細胞診を行いますが、頚がんほど細胞診の確実性は高くありません。
超音波検査を併用したり、体がんの疑いのある時は子宮内腔をして組織検査をします。
頚がんよりも診断が難しい事もありますが、初期であれば完治するがんです。気になる不正出血がある時はご相談ください。

子宮がん検診

図:子宮の構造と子宮がんの種類

子宮頸がんと子宮体がんがありますが、通常子宮頸がん検査を行います。



 
平成28年度目黒区子宮がん検診
【実施期間】
平成28年6月1日~11月30日

【対象】
20歳以上(平成9年3月31日以前に生まれた人)の目黒区民で職場などで同様の検診を受けられない人のうち、平成27年度に目黒区の子宮がん検診(クーポン検診を含む)を受診していない人

【費用】
無料

【実施方法】
目黒区より送られてきた受診券を持参してご来院ください。念のため保険証をご持参下さい。
子宮頚部・膣部の細胞診と内診を行います。検査時間は5分位です。

【検査結果】
2週間位ででます。せっかく検査をしても結果をお聞きにならない方もおられます。
必ず検査結果をお聞きになるようにしてください。(郵送も承っています)



※当院は予約制ではありませんので受付時間内にお出でになればいつでも検査は受けられますが、11月は大変混んでお待たせすると思いますのでなるべく早めに受診されることをお勧めします。

子宮頸がん予防ワクチン

子宮頸がんは、子宮の入口付近(子宮頸部)にできるがんで、日本では年間約15,000人の女性が発症し約3,500人が死亡するとされ、20~30代で急増しています。子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)と言うウイルス感染が原因で引き起こされます。
HPVは性交渉により感染しますが、多くの女性が一度は感染するありふれたウイルスです。
HPVは100種類以上の型がありますが発がん性HPVには15種類ほどのタイプがあります。
その中でもHPV16型、18型は日本人子宮頸がん患者の約60%からみつかっています。
通常発がん性HPVに感染してもほとんどの場合は一過性で自然治癒してゆきますが、感染が持続すると、子宮頸部の細胞が異型成(前がん病変)へ変化します。
異型成になっても自然治癒してゆく事が多いのですが、中には自然治癒せずにがんに進行してゆくものもあります。
発がん性HPV16型・18型の感染を防ぐ画期的なワクチンサーバリックスがH21.12月末より発売になりました。
最も予防接種が効果的なのは性経験のない10代の女子で、日本で12才の女子に接種すれば子宮頸がんの発症や死亡は70%抑制できるといわれています。
しかし、20代~40代であっても予防効果は期待できます。
現在世界100ヶ国以上でこのワクチンは使用されており、ヨーロッパなど20ヶ国以上で公費負担で受けられるようになっています。
ただし、重要な事は、このワクチンで子宮頸がんが全て予防できると言う訳ではないのです。
発がん確率の高いHPV16型・18型は予防しますが、他のタイプで発がんするものもあります。
現行の子宮がん検診は続けて受ける必要があります。
ワクチン接種と定期的な子宮頸がん検査でより確実に子宮頸がんの予防をしましょう!

子宮頸がん予防ワクチン(サーバリックス@)を受けるにはどうしたらよいの?
10才以上の女性に接種する事ができ、初回、1ヶ月後、6ヶ月後の3回接種(筋肉注射)で十分な抗体価が得られるといわれています。
HPV4価ワクチン「ガーダシル」が接種できるようになりました!
HPVの予防ワクチン「ガーダシル」は、子宮頚がんの原因の60%を占める16型18型と尖圭コンジローマ(性感染症で性器にできるイボ)の原因となる6型11型という4つのタイプのHPVによる感染を予防するワクチンです。
接種対象はサーバリックスと同じ10歳以上で、接種時期は「初回接種」、「初回接種後2ヶ月後」、「初回接種後6ヶ月後」の3回です。

<ワクチン接種費用>

サーバリックス
17,300円(問診などを含む)
ガーダシル
18,300円(問診などを含む)

<ワクチン接種は予約で受け付けます>

ご予約は受け付け時間内に電話もしくは直接ご来院にてお願いします。
TEL 03-3760-0810
※すでにサーバリックスを打ち始めている方のガーダシルへの変更はできません。

子宮頸がん予防ワクチン 目黒区公費助成について

目黒区内在住の中学1~3年生に相当する年齢の女性の方は子宮頚がん予防ワクチンの予防接種を無料で受けることができます。
ご希望の方は予診票(よくお読みになり保護者の方が納得されたもの)とできれば母子手帳をご持参ください。保護者同伴が理想的ですが、予診票に保護者の署名があれば同伴でなくても接種できます。対象の方には目黒区より予診票が送付されています。

※当院では公費接種初回の方はガーダシルを使用致します。
(ただし、初回サーバリックスを接種された方はサーバリックスです。)

当院で接種希望される方は、予約制になりますのであらかじめ電話予約をしてください。
TEL 03-3760-0810

PAGE TOP